インプラントが選ばれる理由

歯を失ってしまったときに、失った歯がよみがえったかのような感覚を取り戻せることで大変注目を集めているインプラント治療。近年、「インプラント」の文字を目にする機会も増えてきたのではないでしょうか。

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を装着することで、噛む機能を取り戻す治療。インプラントは生体親和性の高いチタンでつくられており、顎の骨としっかり結合する構造によって、天然の歯と変わらず硬い物でも問題なく噛めるようになります。

また人工歯の見た目も美しく、どこを治療したのかがわからない点も人気のポイント。そのため、機能性・審美性ともに優れたインプラント治療を選ぶ方が増えています。

インプラントはこのような方におすすめです

  • ブリッジをかけるために、健康な歯を削るのがイヤだ
  • 一番奥の歯を失ってしまったので、ブリッジをすることができない
  • 失った歯の本数が多く、ブリッジでは対応できない
  • 入れ歯は目立つからイヤだ
  • 入れ歯の着脱が面倒
  • 入れ歯のずれやもたつきがわずらわしい
  • 歯を失ってしまったが、どんな治療を選択すればいいのかわからない

インプラントはブリッジのように健康な歯を削る必要がなく、見た目も自然。また、入れ歯のような取り外してのお手入れも不要です。メリットが大変多いインプラント治療は、患者さまのさまざまなお悩みを解決する優れた治療なのです。

インプラントのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 天然歯と変わらない噛み心地がよみがえる
  • セラミック製の人工歯は見た目も自然で、どこを治療したのかがわからない
  • 噛む力がしっかり顎の骨に伝わり、骨がやせにくい
  • ブリッジのように支えとなる健康な歯を削ったり、部分入れ歯のようにバネをかけたりすることがない
  • 治療費が比較的高額になる
  • 外科手術が必要
  • 全身疾患の有無などによって、適応できないケースがある

インプラントをより安心・安全の治療にするためのこだわり

CT撮影
当院ではインプラント治療の診断に際し、最先端の歯科用CTを用いています。歯科用CTは、目に見えない顎の骨の高さや厚み、また神経や血管の位置などを、立体画像で詳細に把握することができるため、より安心・安全なインプラント治療が実現します。
CTイメージ動画
オステルISQについて
埋め込んだインプラントの安定度を測定できる機器。従来インプラントの安定度を判断するには、時間の経過にたよるしかありませんでしたが、オステルISQなら数値によって確実なデータを得られるため、必要以上に長くなっていた治療期間を短縮することができます。
オステム社とノーベルバイオケア社を採用
当院では数あるインプラントメーカーの中から、アジア人の顎に合った構造のアジアメーカー「オステム社」と、インプラントメーカーとして世界で1番歴史と実績がある「ノーベルバイオケア社」を選んでいます。一人ひとりに合ったインプラントで、よりよい治療をご提供します。
個室オペ室
当院では、手術時の衛生管理を万全に整えるために、個室オペ室を完備しています。使用する器具の滅菌はもちろん、室内を清潔に保つことを心がけ、患者さまに安心の治療環境をご提供します。
インプランター
インプラントを埋入する際に用います。生理食塩水で冷却しながら一定の速度で骨を削ることができます。当院では、暗い口腔内でも作業しやすいライト付きで、骨を削る用途以外にもアバットメント装着などの際にも使用できるインプランターを使用。より正確かつスピーディなインプラント埋入を実現します。

症例紹介

※画像はクリックすると拡大表示されます。

症例1

術前

術後

インプラントの症例

メインテナンスをしっかりと

インプラントは人工物であるため、虫歯になることはありません。しかし、周りの歯ぐきは自然のままであるため、メインテナンスを怠ると歯周病と同じ症状が現れる「インプラント周囲炎」を招いてしまうことがあります。インプラント周囲炎は悪化すると、歯周病と同じように歯ぐきに炎症が起き、次第に顎の骨を溶けていきます。つまり、最悪の場合、インプラントが抜け落ちてしまうことがあるのです。

インプラント周囲炎を防ぎインプラントを長持ちさせるためには、治療後の定期的なメインテナンスがとても重要です。治療後にご自宅での適切なケアと歯科医院でのメインテナンスを欠かさなければ、インプラントはかなり長期間使い続けることができます。せっかく手術をして埋め込んだインプラントを、メインテナンスで守っていきましょう。

ページトップ