出産前の治療をおすすめします

妊娠すると、つわりが始まって体調も変化し、お口のケアどころではなくなってしまうという方がいらっしゃいます。しかし、妊娠中のお口は実は普段よりもとくに注意してケアを行う必要があります。妊娠中は、つわりによってお口の中をキレイに維持しにくかったり歯ブラシを口に入れるのが難しくなったりするなどしてお口の環境が悪化し、虫歯になりやすくなってしまうのです。さらに、ホルモンバランスの変化も影響し、歯周病にもなりやすくなります。

妊娠中の歯周病は、お腹の赤ちゃんの成長にも悪影響を与え、早産や低体重児出産の確率を高めてしまうといわれています。お母さま自身のためであるのはもちろん、大切な赤ちゃんのためにも、妊娠中には今まで以上にお口のケアに注意し、適切な治療を受けるようにしましょう。

治療時期の目安

「妊娠中に歯科治療を受けても大丈夫?」と思われるかもしれませんが、むしろ妊娠中にできる治療は済ませておくことが大切だといえます。赤ちゃんが生まれたら、通院の時間もとりにくくなってしまうかもしれません。お口の健康を快復し、万全の状態で赤ちゃんを迎えましょう。

妊娠初期
(1~4ヶ月ころ)
妊娠中期
(5~8ヶ月ころ)
妊娠後期
(9~臨月ころ)
切迫流産を起こしやすい時期であり、つわりもあるため治療は控えたほうがいいでしょう。 つわりも終わって安定期に入り、もっとも治療に適した時期です。この時期に一度検診を受け、必要な治療を済ませましょう。 お腹も重くなり、診察台のチェアに横たわるのがつらくなる方もいます。出産が近づいているこの時期は、治療を避けましょう。

マイナス1歳から始める赤ちゃんの虫歯予防

生まれたばかりの赤ちゃんのお口に虫歯菌はおらず、実はお母さまなどの身近な大人のお口から虫歯菌がうつることによって、お子さまの虫歯が引き起こされています。つまり、お子さまの虫歯を防ぐにはそばにいる大人のお口をキレイにしておくことが大切なのです。

こちらでは、マイナス1歳から始められる赤ちゃんの虫歯予防として、妊娠中にお母さまができることをご紹介します。大切なお子さまのために、意識して取り組むようにしましょう。

予防1: 食後には水や緑茶を

つわり中には、ブラッシングもしにくくなるもの。ブラッシングが無理な場合には、せめてうがいをしたり、また水やお茶を飲んだりする習慣をつけましょう。とくに緑茶に含まれるカテキンには殺菌作用があるため、適度に飲むことをおすすめします。

予防2: フッ素・キシリトールを積極的に

フッ素は細菌の繁殖をおさえ、歯質を強くする効果を持っています。また、キシリトールはフッ素の働きを助ける作用を持っており、この2つは積極的に活用するのがおすすめです。ガムや歯みがき粉などで、どんどん取り入れましょう。

予防3: 規則正しいリラックスした生活を

ただでさえ免疫力が低下する妊婦さんにとって、ストレスは大敵。規則正しい生活を心がけるとともに、リラックスして過ごせるよう心がけましょう。天気のいい日には、太陽の光を浴びながら散歩するのもおすすめです。

妊娠・出産があると歯がだめになる!?

よく妊娠出産があると歯茎が悪くなると聞いた事はありませんか?
それには歯周病菌の一種であるP.i菌(Prevotella intermedia)という菌が密接に係っています。この菌は女性ホルモンであるエストロゲンによって増殖し、組織を破壊する毒素を産生します。この菌が口腔内に占める割合が多い女性は妊娠、出産で歯周病が悪化するリスクが極めて高くなります。
妊娠中、授乳中は積極的に除菌等の処置(抗生剤投与)は出来ませんが、2人目のお子さんを考えている方で1度目の妊娠出産で歯肉が腫れたり、痛んだ方は要注意です。
現在では歯周病菌の種類、数を同定し、ピンポイントで除菌する方法もありますので、お気軽にご相談ください。

ページトップ