あなたは予防に通いますか?それとも治療をくり返しますか?

歯科医院とは、歯が痛くなったら行く場所であり、一旦治療が終わればその後は行かなくても大丈夫だと思われている方が少なくありません。しかし、それではどこか悪くなるのを待っているだけになってしまいます。

虫歯や歯周病は風邪などの病気と違い、一度治療をしても「完治」することはありません。削った歯は元に戻ることはないからです。また、一度治療を受けると再発のリスクが高まり、結果として何度も治療をくり返すことになってしまいます。歯を守るためには、治療以前に、悪くなる前の予防のために通院することが大切なのです。

予防歯科に通って定期的に適切なメインテナンスを受けていれば、歯の寿命を縮める心配はありません。大切な歯を守るためには今から意識を切り替え、予防のための通院を始めましょう。

治療後の予防歯科の重要性

日本が「虫歯大国」といわれていることをご存じですか? 実際に12歳の虫歯保有数は、歯科先進国フィンランドと比べてなんと4倍という、ショッキングなデータもあります。この差は一体なんなのでしょうか?

これは予防意識の違いによるもの。予防歯科に定期的に通って適切な処置を受けるとともに、正しい予防知識を学ぶ習慣があるフィンランドと、その習慣がない日本とでは、これほどの差が生まれているのです。

治療後も予防のために通っていれば、正しいケア方法や食事のタイミング、食べ物の選び方など、虫歯リスクをいかに減らしていくかなどが自然に身につきます。これは虫歯予防に大きな力となり、確実に虫歯の発症を減らすことにつながります。治療のための通院よりも、明らかにメリットが大きいのではないでしょうか?

当院では、定期検診の時期が近づいたら、おハガキでお知らせしています。治療後にはまず3ヶ月ごとにご案内し、その後落ち着いてきましたら、患者さまのお口の状態に合わせて3~6ヶ月の間隔で時期を設定します。ハガキがお手もとに届きましたら、忘れずに予防歯科に通うようにしましょう。

予防へのこだわり-プロの目によるチェックを-

一度虫歯になると、いくらよい治療をしても歯は元通りになることはありません。削った歯は弱くなり再発しがちになり、治療を繰り返すことでどんどんダメージを重ねてしまいます。また、お口の中の変化は自分自身ではなかなか気づくことができないもの。予防歯科でプロの目によるチェックと処置を受け、大切な歯を守ってきましょう。

定期検診
定期的にチェックをすることで、お口の中のわずかな変化を見つけます。定期的に受けていれば、もしなんらかの変化があったとしても、すぐに対応できます。症状による痛みや治療の負担を軽減するために、定期検診を習慣づけましょう。
ブラッシング指導
予防の基本は毎日のご自宅でのブラッシングですが、正しくできていなくては意味がありません。お口の状態は一人ひとり異なり、適切なブラッシング方法も違ってきます。ブラッシング指導で、自分に合ったケアを身につけましょう。
PMTC
歯科衛生士による専門の器具を用いた歯のクリーニング。毎日のブラッシングだけでは落とし切れない歯と歯、歯と歯ぐきの間にこびりついたプラーク(歯垢)や歯石を徹底的に取り除きます。最後には表面をツルツルにみがき上げ、汚れの再付着を防止。定期的に受けることで、予防効果が上がります。
フッ素塗布
歯質を強くする効果を持つフッ素を歯の表面に塗布して虫歯に強い歯にする処置。定期的に行うと効果的です。
噛み合わせのチェック
噛み合わせが乱れていると、食べ物が噛みにくいため消化が悪くなったり、肩こりになったり、また顎や顔つき、また全身のゆがみにまでつながったりすることがあります。定期的に噛み合わせのチェックを行い、異常の発生を防ぎます。

ページトップ