ひどい虫歯でも抜かずに残すために-根管治療-

虫歯が重度にまで進行してしまうと、虫歯菌は歯の奥の神経にまで達してしまいます。そこまで進行してしまった虫歯を放っておくと、もうあとは抜歯しか選択肢がありません。そこで、その歯を抜かずに残すための治療が「根管治療」です。

根管治療とは、歯の根の中をとおる根管という細い管の中から死んでしまった神経や血管を取り除いてキレイにし、消毒して薬剤を詰める治療のこと。根管はとても複雑な形をしているため難しい治療になりますが、きちんと行えばその歯を残すことができます。

根管治療の流れ

STEP1 STEP2 STEP3
STEP1 STEP2 STEP3
根管内から死んでしまった神経や血管を取り除きます。 根管内を拡大形成し、根管の深さを測定します。 根管内をしっかりと洗浄・消毒します。
STEP4 STEP5 STEP6
STEP4 STEP5 STEP5
根管内に隙間なく薬剤を詰めます。 根管を密封します。 土台を入れて被せ物をします。

根管治療の重要性

歯は、一度抜いてしまえばもう元に戻すことはできません。また、噛み合わせや周りの歯並びを乱すなど、さまざまなリスクを招いてしまいます。つまり、お口全体をよい状態に保つためには、歯はできるかぎり残すことが大切なのです。

また、神経を取り除いてしまうと歯はもろくなったり、何かトラブルが起きても自覚できなくなったりするといった問題が生まれます。しかし、それを差し引いてでも歯は残したほうがいいといえます。根管治療とは、それほど重要な治療なのです。

根管治療のこだわり

治療にはラバーダムを使用します

ラバーダムとは、治療の対象となる歯の周りの部分を覆う薄いゴムのシートのこと。治療中に、だ液や細菌が根管内に入り込むのを防ぐために使用します。歯根の状態によっては不要なケースもありますが、当院では基本的にラバーダムを用いて、安全・確実な治療に努めます。

できるかぎり歯を残します

当院では、どうしても抜歯せざるをえないという状況を除き、できるかぎり歯を残す治療にこだわっています。近年では、歯を失ったときの治療法としてインプラントなどの優れた治療も登場していますが、やはり本物の歯にかなうものはありません。そのため、できるだけ「残す」方針をとっています。

電動麻酔器

麻酔の痛みに苦手意識を持つ方は少なくないでしょう。当院ではできるだけ麻酔時の痛みを抑えるために電動麻酔器を使用。コンピュータ制御により麻酔液を一定のスピードで注入することで、痛みを軽減します。

ニッケルチタンファイル

根管治療では死んでしまった神経や血管を取り除きますが、ことのきに必要になるのが「ファイル」と呼ばれる器具です。当院では複雑に入り組んだ根管に対応するため弾力性があるニッケルチタンファイルを使用。曲がった根っこでも迅速な治療が可能になります。

X-スマート プラス

Wave Oneに対応したエンドモーターです。反復回転運動機能を搭載し、先進知能を有しています。根管が複雑な形状でも異なる角度で反復回転運動を繰り返すことで、短時間での根管拡大・形成を実現します。

Wave One

根管拡大形成時に使用するファイルです。歯質への食い込みを抑え、ファイルの破折を軽減します。反復回転運動機能を搭載した先進知能を有するエンドモーター「X-スマート プラス」に対応させることで、根管拡大や形成を簡単にかつ短時間に実現します。

Proテーパー

Wave One同様、根管拡大形成時に使用するファイルです。通常は10本程度のファイルを交換しながら処置するところ、最小3本のファイルで処置が完了します。柔軟性により、細く湾曲した根管においても安全かつ短時間で治療が済み、患者さまへの負担が軽減できます。

ページトップ